いやいや期で子供にイライラがとまらないママへ。

ウチにもイヤイヤ期真っ只中の2歳児の息子がいます。

イヤイヤが始まったのは2歳になりかけの頃。

今思えば、あのイヤイヤなんてかわいいものでした。

何にでも取り合えず「いや」って言って親の反応を楽しんでいたからです。

こちらも「そっかー嫌なんだ☆」って感じで話を変えたり、違うことを誘ってみたりすれば機嫌は直ったから・・・

しかし!!最近のイヤイヤはまた違う。

できない自分にイライラする→泣く、想像と違っていた→泣く、思い通りに行かない→泣く・・・

しかも、すぐ泣く!!笑

イヤイヤが変化し始めた頃はこちらも対処法がわからず、オロオロするばかり。

お風呂入る!入らない!入る!みたいなやり取りを延々とする。

もう勝手に泣いてな!と言って離れると追いかけて来てまで泣く。

もう嫌だよう~

と、こちらも消耗し始めたのですが、そんな時とってもいい本に出会いました。

その本を読むと

●子供は泣き出したら自分の声に興奮してまた泣く

●泣き止むきっかけを失っている・・・そうなんですよね。

なんか自分の小さい頃を思い出すとそれはすごく分かります。

そこで、まず泣き止ませること。

泣き止ませてから冷静にコミュニケーションをとること。

これが大事なんだそうです。

ウチはこの本の通り「お口キュしようね」法を実践しました。

この「お口キュしようね」法ですが、子供が泣いて興奮してる時でも一瞬声が出ない瞬間がありますよね。

その瞬間に「お口キュ、できたね」って認めてあげるんです。

最初は「お口キュしないーーー!!!」って泣いてますが(笑)スルーです。

泣き止まないぞー!!っていう意思表示なだけですから。

でまた泣き始めて声が止まったら「できてる、できてる♪」と認めてあげます。

たぶん、子供も「自分の要求はきっと間違ってる。でもガマンできないんだ~!どうすりゃいいんだよ~」って心の中では思ってると思います。

そんな気持ちの中、できてるよって認めてもらえれば、心は落ち着くんじゃないでしょうか・・・?

何度もこのやり取りをやっていくと、とっても早く泣き止んでくれるようになりました。

ある日、ママ友と一緒に遊んでいたのですが、おもちゃの取り合いで息子と友達の娘ちゃんが同時に泣き出したんです。

ウチは「キューだよ!できてるよ」って何度か言うとけろっと泣き止んだのですが、娘ちゃんは延々泣いていました。

そんな様子を見て私はこの本を友人にオススメしました。

ウチは本当にラクになったよって。

息子はどちらかと言うと頑固でこだわりがとっても強いです。

保育園の先生にも言われるほど・・・。

その息子が変わって私はとってもびっくりしました。

もし、子供のいやいや期で毎日イライラが止まらないママがいたら、ぜひこの
「お口キュしようね」法、試してもらいたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ