図鑑を持って外にお出かけしよう!

知育関連の本や雑誌などを読んでいると、必ず出てくる「図鑑を持ってでかけよう」ですがウチも実践しています。

持ち運びやすいようにハンディタイプを買いました。

ウチは図鑑のことを絵本だと思っているので(笑)たまに家でも「絵本読んで〜」と言って図鑑を持ってきます。

ハンディタイプだと、種類が少なかったり、ジャンルが違うと載っていなかったり(水族館に行ったとき、魚のものだと網羅できませんでした)もしますが。

これなんだろう?→調べるという習慣がついてきているので、十分です。

水族館に始めて行った時は、魚に興味を持って欲しくて、図鑑は持っていったものの、その場では確認せず、水族館を楽しみました。

帰りの車で「タカアシガニいたね〜」「マンボウもいたね」など話ながら、図鑑を見て水族館の記憶のフィードバックをして楽しみました。

そんな感じでも、しっかり覚えてくれているのですが、公園や電車で知らないものを見つけた時はハンディタイプが便利です。

母である私自身がその場で調べないと忘れてしまうので・・・(笑)
私も調べると意外と覚えていたりするので、あとでフィードバックできます。

また、見たものにシールやマークをつけてコンプリートしていくと面白いかもしれません。
これは大人の方がはまりそう(笑)

植物なんかは雑草とかから調べていくといろんな種類を覚えられていいですね。

そうやって身の回りをよく観察すると知らないことがいっぱいあることに大人も気づかされます。

先日、動物園に行ったときも図鑑を持って出かけました。

図鑑を見て「同じ!」と大興奮の息子。

図鑑だけでは得られなかった、大きさや何を食べるかなどもわかってとっても楽しそうでした。

今回もおうちに帰ってから、図鑑を見ながら動物園の話をしました。

彼なりにいろいろと感想があったようで・・・

「かばさん、お魚につんつんされてたね!」
(かばは水槽の中にいて、魚につつかれていた)

「きりんさんスパゲティ食べてたね!」
(きりんのおやつタイムに干草を食べていたのがパスタに見えたようで・・・)

など、いろんな話をしてくれました。

図鑑の表紙を見るたびに、動物園の話をしてくれるようになり、持って行って本当によかったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ