子供に「なんでできないの?」と思うときには・・・

幼児教育をしていると、どうしてもママは「なんでできないんだろう」って思っちゃいますよね。

しつけに関しても然り・・・

こんなに言い聞かせてるのに!嫌がらないように配慮もしてるのに!

って私もいっつも思っています(笑)

カンタンにできるようになることもあるから、できないことがあるとどうしても躍起になってしまう。

それってやっぱりどこかで他の子供と比べてるからっていうのもあります。

比べるなって言うほうが無理。

自分は比べないでおこう・・・と思っていても「○○くんはもう○○ができるんだね〜」とか言われると「○○くんは○○ができるじゃないですか〜」などと返してしまう。

それで自分も比べてることに気づくんですよね・・・

子供はお母さんの気持ちにとっても敏感ですよね。

だから「なんでできないの?」と思ってしまうと、「できない僕が悪いんだ」って思ってしまうそう。

そんな風に思わせてしまうこともかわいそうだし、

本当はできることもできなくなってしまいます。

だから私はできなくたっていい。と思って子供にいろいろさせるようにしています。

そうすると逆に緊張がほぐれてできちゃったりします。(^^)

できたら、スゴーーーーい!!って褒める。

できなかったら、スルー。

まだ無理だね、とか難しいもんね、とかも言いません。

たまにイライラして「ママがやるから!!」ってなりますが、そういう時は猛反省です。

できなくてもスルーして、やってあげます。

そしたら次からやり方を覚えてできるようになることが多いです。

言葉かけ一つで子供の能力はいくらでも伸びます。

イライラすることが多い子育てですが、一呼吸おいて接するのはお互いのためにもいいですよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ