1歳でアルファベットが読める方法。

字を子供に教えだして気づいたのですが、身の回りにある文字って、ひらがなやカタカナよりアルファベットが多いような気がします。

なので、子供にもアルファベットはとっても教えやすかったです。

教え始めたのは1歳の時です。

ウチは1歳のときに、姉にアルファベットドミノをお下がりでもらったのをきっかけに自然と覚えるようになりました。

プラレールには「A」「B」と書いてあるレールがあるので、それに気づいてからアルファベットにとっても興味を示すように。

トミカシステムにも右回りと左回りの坂があるのですが、それで「R」と「L」は覚えました。

子供って「自分にとって意味のある文字」はすぐに覚えてくれるんですよね。

駐車場のエリア名のアルファベットや「P」なども覚えてくれました。

ウチは英語はある程度日本語が話せるようになってから・・・と決めていたのであまり力は入れていません。

言語に敏感な時期なので、英語も興味深々なので悩むところではありますが。

なので、カンタンな名詞と英語の歌、アルファベットでのんびりやっていくつもりです。

ワールドワイドキッズやディズニー英語システムもこれから検討していく予定です。

その前段階として、定番NHKの「英語であそぼ」はたまに見ています。

「英語であそぼ」にはアルファベットを風景の中から探すというコーナーがあるのですが、なぜかそのコーナーにはすごくはまっています。

公園に行って「ふぁいんどえーがあった」と言い出したので、その時は意味がわからなかったのですが、あとで英語であそぼを見てわかりました。
ブランコを横から見るとAに似てるって言っていたのでした。(笑)

その後もAやHやSを探して遊んだりしています。
興味の導入としてはよかったかもしれません。
男の子で電車や機械が好きな子ははまるかもしれません。

名詞も大好きな動物から教えると、日本語と英語が同時にでるようになりました。

「恐竜のTシャツ」を「ダイナソーのシャツ」というときもあれば「恐竜のシャツ」というときもあるので、ちゃんとわかってるんだなと。

「アンパンマンがハローしてる」とか言っていたり・・・(笑)

先日たまたまコストコで英語のパソコンのようなおもちゃが売っていて、とっても欲しがったので購入しました。

2000円ぐらいだったので、これでパソコンの邪魔をされないのなら安いと思って購入したのですが、ネットで調べると結構いい教材だったらしく・・・

アマゾンでは倍以上の値段だったのでびっくりしました。

このおもちゃのパソコンは説明書まで全部英語です。

正直、私はまったくわかりません。(笑)

子供となんとなく使っているうちに使い方がわかってきました。

発音がネイティブのものなので、いいですよ!
息子がこれで覚えた英語の発音は完璧です。
もうおかしいくらいに・・・(笑)

言語の敏感期、しっかり活かさなきゃもったいないですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ