1歳代で数字が読めるようになる方法。

うちは1歳代で1〜10まで数えられるように、教えていたのですが、あまり数字に興味がなくて全然覚えてくれませんでした。

だんだん私もムキになってきて「ちがうでしょ!!」とか「おやつ食べたいなら数えて!!」など、結構ひどい教え方をしていました。

階段でもまだ上るのに必死な時期から数を数えながら上がらせてたし(今考えると本当にひどい)

案の定「数えないよ!!」と言い出しました。

ちょっとやりすぎたな、と反省。

これで算数嫌いになったらどうしよう・・・なんて、真剣に悩みました。

とりあえず、数唱は一休み。

数の概念を教えるのにも数唱は必要なので、これも一休みにしました。

☆トーマスの写真

そこで、息子が好きなものや得意なことから教えていこうと思い、数字の読み方から始めることにしました。

これがいいかどうかはわかりません。

ただ、このまま数に興味がいかないよりかはいいだろう・・・という苦渋の選択です。

文字読みは比較的得意な息子。

そして大好きなトーマスのキャラクターには番号がついているので、これを使うことにしました。

もう数字が嫌になっている息子に無視されないように(笑)親も必死です。

お風呂でトーマスとパーシーのおもちゃに「あっ!ここに1って書いてある!トーマスって1番なんやね!パーシーは、6番か〜」とさりげなく情報を与えました。

大好きなトーマスの情報にはすぐ反応して「トーマス1番!」と言い出し「パーシーは?」と前のめりで聞いてきました。

それから10番までのキャラクターと番号を教えてあげると、あっさり数字は読めるようになりました!

たまに4を私が指して「これなに〜?教えて〜」と聞くと「ゴードン??」と言いますが(笑)

好きなことから入るとこんなにすぐ理解が深まるものなのか・・・

数の概念も、同じように大好きなプラレールで教えました。

☆プラレールの写真

ほとんどのプラレールは3両編成なので全部つなげて「1,2,3両編成できあがり〜」と教えました。

そこから、何車両なのか数えるようになりました。

どうしても4が飛んでしまう息子なのですが、5までは数えられるように!

数字に抵抗感がなくなったのか数の概念も数唱も少しずつわかってきているようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ